【2023年 体験記】福岡おもちゃ美術館を子供と体験!行く前の見どころチェック

福岡

4歳の子供と一緒に、ららぽーと福岡の中にある「福岡おもちゃ美術館」に行ってきました。

福岡おもちゃ美術館について

場所

ららぽーと福岡内にある、オーバル広場の噴水奥にあります。

ららぽーと福岡の1階、一番西側にある無印良品を目指して、そこから外に出て噴水を探すと分かります。

料金

時間無制限の場合

大人(中学生以上)1,600円、子供(6ヶ月〜小学生)1,200円、6ヶ月未満児 無料

1時間ごと

大人(中学生以上)1,000円、子供(6ヶ月〜小学生)1,000円、6ヶ月未満児 無料

アフター4(16:00〜18:00)

大人(中学生以上)1,000円、子供(6ヶ月〜小学生)1,000円、6ヶ月未満児 無料

平日半年パスポート

大人・子供共通5,200円

開館時間

10:00〜18:00

予約方法

福岡おもちゃ美術館|公式オンラインチケット(予約)
福岡おもちゃ美術館 オンラインチケット|ご購入はこちら

クレジットカードや、d払いが使用可能です。

当日はスマホからQRコードを表示するだけなのでペーパーレスで便利です。

駐車場について

車で行った場合は、3時間券がもらえるので、おもちゃ美術館に入場する際に申告して、QRコードの印刷されたレシートを忘れずにもらいましょう。

福岡おもちゃ美術館の館内の様子

グッド・トイ広場

入るとまず、グッド・トイ広場があります。

遊びのスペシャリストの投票で決まるおもちゃの賞制度「グッド・トイ」の歴代受賞作品で遊ぶことができます。

おもちゃのはこぶね

グッド・トイ広場の横にあるのは、ノアの箱舟をイメージしたおもちゃの箱舟。

中には動物のおもちゃが沢山。写真の反対側には、動物以外のおもちゃもあります。

おもちゃ工房

私たちが行った時は、紙コップを使用したケン玉作りをさせてもらいました。不定期開催だそうです。

糸のこ電車

おもちゃ工房の奥にある、糸のこ電車。土日のみ開催(小学4年生〜)だそうです。

おもちゃ工房内には、小さなお子さんがいても安心のベビーサークルもありました。

もりのひろば

このビー玉転がしは、大人も夢中になれます。

木の車のサーキットも最高でした。

おもちゃのまち

神社や、ラーメン屋台、お寿司屋さんなど楽しい遊び場が盛り沢山です。

伝統的なおもちゃの展示もありました。

5連のけん玉に挑戦して、見事成功しました!(子供ではなく親の私が)

5連に成功すると10連に挑戦できるそうですが、成功の瞬間を動画で撮っていなかったので残念ながらチャレンジできませんでした。何度も成功できるように練習しようと思います。

積み木ステージ

積み木や、コマで遊べるスペースがありました。

コマで遊ぶコーナーの周りのスロープに沿って、木のボールを転がす階段があるので、そこでは何度も楽しんで遊びました。

おもちゃのもり

一番奥は、おもちゃのもり。

全国からの支援で作られた木の卵プール。支援して下さった人や企業名が刻印されています。「当たり」と書かれた卵は、企業名なのか、本当に当たりだったのか謎ですが、探してみて下さい。

カフェもあります。

ピザ窯でピザを焼くこともできます。

大人気、「ごっこ遊び」エリア。

野菜や果物を収穫してお店に並べて、お店屋さんごっこで遊べます。

まとめ

時間制限がないので、何時間でも遊べます。

我が子は、10時オープンから昼ご飯も食べずに3時間以上遊びました。

昼ご飯を食べに車で移動する時に、車内で爆睡でした。

とっても楽しかったみたいで、また行きたいと早くもアンコールのリクエストがありました。

木のおもちゃだけでなく、カードゲームなど頭脳ゲームもあり楽しめました。

4歳の我が子は、下記のスピードカップスというゲームに大興奮でした。ルールが分かりやすく、早くできた人がチーンとベルを鳴らすのも楽しいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

以上、福岡おもちゃ美術館の体験記でした。皆様の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました